ownCloud デスクトップクライアント 2.0.0 リリース 2015年8月25日

      ownCloud デスクトップクライアント 2.0.0 リリース 2015年8月25日

      ownCloud デスクトップクライアント 2.0.0 がリリースされました。
      待ちに待ったマルチアカウントについてのレポートは、別途投稿します。

      リリースノート(Changelog)を日本語にしました。

      Desktop Changelog | ownCloud.org
      owncloud.org/changelog/desktop/

      Release 2.0.0 August 25th 2015
      • 複数アカウントをサポート
      • ユーザの許可なしに大容量のフォルダを同期しない機能を追加
      • UI上に同期フォルダの選択を組み込み
      • OS X:10.10 Yosemiteにファインダー統合をサポート
      • タイムアウト後のクライアント再接続しない場合を修正
      • ファイルサイズをSI単位系に
      • 同期中の進行状況表示を修正 (予想時間を改善、全てのファイルを表示、全ての帯域を表示 )
      • Windows: 255文字以上のファイルパスをサポート (POSIX APIをWindows APIに変更)
      • Windows、OS X: 隠しファイルの同期しないを追加
      • OS X: ファイル名に不正なUTF-8文字列があった場合に、ファイル名を表示
      • 共有: パスワード指定APIを使用
      • 共有: ルートフォルダ共有を禁止
      • 共有: サムネール表示
      • アップデーター: 起動時の1回のみではなく、アップデートを定期的に実行
      • Windows: 同期データを削除する誤操作をしそうなオプションを削除
      • Windows: AD側でパスワード変更があった場合、アカウントロックされないようにした
      • Windows: 権限がない場合のインストール挙動を修正
      • Quota: UIが表示されたときにのみサーバからデータを更新
      • SSL ボタン: 詳細情報を表示
      • ownCloudcmd: --httpproxy オプションを修正
      • システムプロキシー: 必要な場合、権限情報を問合せ
      • 同期エンジンのパフォーマンス改善と、いくつかの修正
      • ネットワーク: SSLセッションチケットと認証を利用する。SSLボタンで何が利用されているか確認
      • 帯域制御: ダウンロード時に自動制限設定を提供
      • システムトレイ: Qt5.5.0による問題を一時的に回避

      Post was edited 1 time, last by “YANNO Tetsrow” ().